JSAPDが会として取り組んだ初めての書籍が刊行されました

2013年12月25日にクインテッセンス社より米国歯科大学院同窓会(JSAPD)編による「インプラント治療の根拠とその実践 – スペシャリストが考える optimal treatment」が刊行されました。この書籍はJSAPDの第16回ならびに第17回公開セミナーでインプラント治療についての様々な話題を取り上げたことを契機に企画され、JSAPD会員31名が執筆に参加しました。

以下に内容の概略をご紹介しますので、ご興味のある方はぜひお読みください。全国の書店、歯科材料店、アマゾンで取り扱っています。全292ページで、定価は15,000円(税別)です。

 

目次を見る >>

(画像が不鮮明な場合は、プリントしてご覧ください)

 

 

 

〈この本について〜序文からの抜粋〉

この書籍のタイトルの一部である「根拠」という言葉には、二つの意味が含まれています。一つはscientific evidenceに対応する「科学的根拠」であり、もう一つはclinical rationaleに対応する「治療を実践するうえでの正当な理由」です。どちらが欠けても、歯科治療の一つの選択肢であるインプラント治療を実際に選択し、患者に用いることは許されません。本書ではこの二つの意味をもつ「根拠」の具体的な中身を紹介したうえで、根拠にもとづいた「実践」について、実際の症例を通じてわかりやすく解説しました。

本書では、まず天然歯を保存するか、抜歯するかの基準について、歯内療法専門医、歯周病専門医、補綴専門医がそれぞれの専門的見地から根拠を示し、次いで現存する科学的文献のほとんどを渉猟したうえで、インプラントの治療計画を立案するための根拠を示しています。その後に従来補綴での治療例も紹介しながら、インプラント補綴をさまざまな状況で行った症例を供覧し、日常的に臨床で遭遇する異なった状況に応用できる考え方と治療技術を提示しています。また、歯科治療にとって重要なテーマである顎位と咬合についても、インプラント治療という文脈の中でどう考えればいいのかを、提示しました。最後に、インプラント周囲組織と上部構造のメインテナンスのために必要不可欠な基礎知識、そして20年以上の長期にわたってインプラント患者を管理し続けている症例を通じて得られた実践的なノウハウを紹介しています。

序文詳細はこちら >>

クインテッセンス出版からの書籍紹介はこちら>>

第18回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー終了

 今回も120名以上の参加者を得て盛況となりました。JSAPDが初めて会として取り組んだ書籍のタイトルをそのままセミナーのテーマとし、執筆陣から選ばれた9名の演者が書籍の内容に沿って講演を行いました。

 次回の第19回公開セミナーは同じ会場で来年1月11日(日)に開催予定です。テーマは未定ですが例年通りの充実した内容になると思われますので、今から参加をご予定ください!

第17回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー終了

例年を上回る多くの方々にご参加いただき、無事終了致しました。
「保存か?抜歯か?〜従来補綴とインプラントのボーダーゾーンを探る」というテーマで、
8名の演者がペリオ、エンド、補綴の観点から議論し、好評を博しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

1 / 212